まぁ、なるようになるって。

海外生活や旅行、趣味について気ままに綴るブログ

【アボちゃんと遊ぶ】ロードトリップ編③_オーストラリアでワーホリ!

こんにちは、chicaです!

 

”何となく世界一周”から帰国してはや3週間が経ち、、、

 

私の人生史上最大の夢を達成したという達成感からの最大の無気力感、、、

 

無職で実家というダメになる要素満載のなか、、、

 

ダメ人間してます。笑

 

時間が沢山あると逆になんにもしたくなくなるのよねー(*´∀`)

 

再起不能になる前に、とりあえずブログ更新じゃーーーー!!!

 

今回もオーストラリアロードトリップの続き☆

f:id:hola-chica:20181023003620p:plain

 

 

前回の記事はこちら

hola-chica.hatenablog.com

 

ロードトリップ2日目

テントやキャンプ道具の片付けをちゃちゃっとすませ、巨大バオバブで遊びます。

f:id:hola-chica:20181023005357j:plain

ちなみにバオバブの木って、

昔オーストラリアでは「アボリジニの人たちを監禁するのに使われてた」という悲しい過去があったり

悪魔の木と呼ばれていたり

ちょっと怖いイメージがあったりしますが

 

私は好きなんだバオバブがー!!!

 

 てことで、満足行くまで遊んだら出発\(^o^)/

 

2日目はロブの友達に会いに行くためにその子が働いてるというHalls Creek/ホールスクリークという町へ向かいます!

 前日同様、牛に気を張り詰めながらのドライブ♪♪

案外あっという間に町っぽいのが見えてきて、、、着きました!

 

Halls Creek!!

 

町の雰囲気はめちゃくちゃ小さい乾燥地帯の町って感じで何もなかったなー。

だから写真もない。笑

 

ロブの友達はスウェーデン人の女の子で彼女もワーホリでオーストラリアに滞在中。

彼女が働くモーテルには台湾人の子たちが数名と、まさかの日本人の女の子も一人いました!!なんだかうれしー♡♡

みんなその日の仕事はもう終わったとのことで

みんなでおしゃべりしたり、

すぐ近くのスポーツグラウンドでサッカーやったり、

フリスビーやったりして遊んでいると、

どこからともなく子供アボちゃん(アボリジニが2人やってきた!

 

推定5歳と推定7歳。

 

「一緒にあそぼー!!」

 

「サッカーやろー!!」

 

「走ろー!!」

 

って、人懐っこくてむちゃくちゃ可愛かった(*´ω`*)

 

 

夜はまたみんなで飲みながらおしゃべり。

そんなんかロブの友達の何気ない一言から私達のルートが変更となったのです。

 

 

友達「二人は明日はどこに行くの?てか、どういうルートでダーウィン行くの?」

 

ロブ「今回はダーウィン行くことが目的だから最短ルートでいくよ。まぁ途中滝とかで止まると思うけど。」

 

友達「へー。そのルート付近ではどこがおすすめなの?」

 

ロブ「今回はちょっと遠いから行かないけど、El Questro/エル・クエストロってとこ昔一回行ったんだけどめちゃくちゃよかったんだよ!あそこは俺の最大のお気に入りの一つ!!」

 

友達「え!?そんなお気に入りのくせに行かないのそこ?」

 

ロブ「え!?うん。今回は若干ルート外れちゃうし、そこ行くには俺の車じゃちょっと厳しいと思って、、、」

 

友達「え!?!?chicaは行きたくないの?」

 

私「行きたい!!!!!てかそんな場所があるなんて知らなかったし!行きた~い!!!!」

 

友達「ほら!あんたはオージーだからいつでも行けるけど、chicaは今回逃したら一生行けないわよ!!!レディを乗せてるのにお気に入りスポットをスルーするなんてあんた馬鹿じゃないの!?決定!明日はEl Questro!!

 

 

 

さすが、、、女が強い北欧(゚∀゚)

 

 

てことで、無理やりルート変更をさせられた私たち。笑

私はうれしかったけど(´ε` )

 

ただ聞くところによるといくつかの懸念点が、

 

①そこに行くにはGibbriver Road/ギブリバロードというオーストラリア最強のワイルドな道を走るため、ロブの小さな乗用車ではもしかしたら途中で断念しないとかもしれない。

 

②当初のルートを少し外れるため、予定より1日余分に必要。

 

③El Questroは入場料+キャンプサイト使用料($40くらいだった気がする)が取られる。

 

そんなの関係ねーーー\(^o^)/ ←古っ

 

おそらく人生に一度きりのこの地域ではそんなのちっぽけすぎる懸念点。

 

決定です。Yeaaaaah!!!!

 

 

しかも、その日の夜はモーテルの敷地内にテントはらせてもらおうと思っていたのだけど、レセプションの女の子の粋な計らいで一部屋無料で使わせてもらえました!ラッキー(゚∀゚)