まぁ、なるようになるって。

海外生活や旅行、趣味について気ままに綴るブログ

【コーヒーファームで働きたい!】ロードトリップ編①_オーストラリアでワーホリ!

こんにちは、chicaです!

 

コーヒーLoverの私はある日、「カフェで働くだけでなくコーヒー豆の栽培とかローストとかしたーい!!ファームで働きたーい!」と思いはじめました。

f:id:hola-chica:20180526155322j:plain

で、オーストラリアにコーヒーファームってあるのか?と疑問に思いネットで調べてみるとQLD州に数件ほどあるとのこと。

 

その中のひとつJaques Cofee PlantationとやらがファームのくせにWebページをもっていました。見てみると、ファーム内にカフェがあって自家製コーヒーが味わえると。ロースターも担っていて、コーヒー豆の販売もしていると。ミニシアターファーム見学バスツアーを開催していると。

 

なんだかパーフェクトなコンディション・・・!

www.jaquescoffee.com.au

Webページをよく見てみると端っこに「Jobs」の文字!

 

迷わずクリックしてみるとバリスタ募集」

 

応募するしかないやろと募集要項を見てみると「経験必須、長期で働ける人」

このときの私のプランでは、オーストラリア滞在はあと1ヶ月ほどの予定で(ビザの関係で最長でものこり2ヶ月)雇ってもらえるわけないよなーと思いつつ画面をスクロールしていくと、、、

 

バックパッカーボランティア募集」

 

!!!!!(゚∀゚)!!!!!

 

1日4時間労働

週5日

無料で宿提供

 

完璧☆これを求めていたのよ!

早速ファームにアプライ。(ついでにバリスタスタッフの方にもレジュメを送ってみましたがそっちはやっぱりダメでした。)

翌日の早朝6時ごろに知らない番号から電話が。なんでこんな時間に、、、と寝ぼけながら電話に出るとコーヒーファームのオーナー!

私の声があまりにも寝ぼけていたのか「ははは、寝てたか?!」とバレる。そりゃ寝てるわ何時やと思ってんねん!(この後すぐにオーナーが私が今ブルームにいてファームがあるマリーバとは時差が2時間あることに気付いて謝ってきた)

 

で、ボランティアの詳細を聞いてみると

 

記載通り労働は1日4時間

週5日

宿は無料のキャラバン

食事はなし

そのかわり色々なアクティビティを提供すると

 

私「アクティビティ??」

 

と聞き返すと

 

オーナー「近くの湖にジェットスキーに行ったり、セグウェイ乗ったり、飛行機に乗れたりするよ」

 

私「飛行機???え?」

 

オーナー「そう飛行機!僕が飛行機持ってるから乗せてあげるよ」

 

私「はぁ???」

 

オーナー「来るかい?てかいつ来るんだい?いまブルーム?」

 

私「はい、行きます。今ブルームにいてライドシェアを探して行くので正直いつ着くかわかりません。早くて2週間、遅くても1ヶ月以内には着くと思います。」

 

オーナー「ははは!じゃぁいつ着くかわかったらまた連絡くれ。」

 

てな感じでマリーバ/Mareeba行きが決定しました\(^o^)/

f:id:hola-chica:20180526160805j:plain

 

次が決まったら早速やらないと気がすまない!速攻でライドシェアを探します。

 

「RIDE SHARE WANTED!!! BROOM TO CAIRNS OR DARWIN

 

ライドシェア求む!ブルームからケアンズ、もしくはダーウィンまで!

 

マリーバはQLD州にあるめちゃくちゃマイナーな町でそんなところ行く人いないので、近くのケアンズ、もしくは中間地点の大きな街ダーウィンでさがしました。

インターネット掲示板Gumtree、Facebookのオーストラリアバックパッキンググループ、町のホステルの掲示板にライドシェア求むの記事を載せて返事を待ちます。

 

するとその日のうちに数名から連絡が!

 

一人目:台湾人の女の子(Gumtreeからメール)

私もライドシェア探してるの!行き先は違うけどお互い見つかると良いね!

行き先違うんか~い!笑

 

2人目:日本人の女の子(携帯電話にSMSでメッセージ)

よかったら一緒に行きませんか?でも出発は1週間後かそれ以降です。

一週間以上後か~。ちょっと遅いからそれまで見つからなかったらまた連絡させてください!

 

3人目:フランス人の男の子(携帯電話にSMSでメッセージ)

3日後に出るけど一緒にダーウィンまで行くかい?車3台のグループで行くよ!2人はベルギー出身であとはみんなフレンチ!

車3台のグループって楽しそー!、、、ってほぼフレンチか~い!しかも全員フランス語のやつ~!!

 

4人目:オーストラリア人の男の子(携帯電話に電話)

明後日ダーウィンに向けて出発するけど一緒にいくかい?

キター!時間とか詳細SMSで送ってくれとお願い。

するとすぐにメッセージが

「仕事の関係で明後日の昼前に出発してダーウィンに行くよ。予定では3日位。僕一人。よかったらFacebook見てみて。ツアーガイドやってるから。」

さすがローカルってことで観光ではなく仕事の関係でダーウィンにいくらしい。普通だったら1週間~1ヶ月かけてみっちりロードトリップを楽しむ経路を3日で行くらしい。てか、オージーの若い男一人について行って良いのか

 

5人目:スウェーデン人のカップル(Facebookにメッセージ)

明後日ブルーを出てダーウィンに行くけど乗ってく?でも、私たちの車は後ろを改造したキャンピングバンで、本当はだめだけど後ろのスペースに乗ってもらうことになる。

ちゃんとした車のシートではなく、荷物の横に座る系か。。。それ以上にカップルと私の3人は精神的にキツイ。

 

6人目:ドイツ人の男の子(Facebookにメッセージ)

僕も今友達とブルームにいてそろそろダーウィンに向かって移動しようと思ってるんだ。

よかったら一緒に行くかい?ちなみにGibriver road通りたいから1ヶ月位かなー。

Facebookの写真みるとすごい楽しんでる感満載の男女混合グループ。混ざりたい!と思ったけど、いつ出発かが未定だし1ヶ月は長すぎる。

 

なかなか完璧なのはみつかりませんなー。

 

この日の夜シェアメイトみんなでBBQをしていたんですが、このことについて台湾人の女の子に4人目のオージーボーイが有力かなと相談してみると

 

台湾女子「あんたバカじゃないの!?オージーの若い男と二人でロードトリップなんてしたら襲われるよ!殺されるよ!電波も無いのにどうするの?1週間まって日本人の女の子と行きなさい!」

 

まぁ、ごもっともなご意見(*_*)

 

私「でも、Facebookみるかぎり本当にツアーガイドだし、普通の子っぽいよ。。。?

日本人の女の子と一緒に行ったら安心だし楽しいかもしれないけど、正直冒険感はないじゃん?しかも同じ日本人女子同士って気が合わなかったら最悪のパターン。」

 

台湾女子「まぁ、それはわかる。でもリスクが大きいよ。Chicaが行きたいなら止めないけど、心配だよオージー男子と二人きりなんて。」

 

そこまで信用なしかオージー男子wwまぁ、分かるけど。

とりあえずそのオージーボーイと行く方向で進めることにした私ですが、いくらなんでもせっかくのロードトリップを観光なしでぶっ飛ばすのはイヤ。

「そんなにガッツリじゃなくて良いから少し観光もしたいんだけど」とお願いしてみると

 

OZボーイ「仕事の都合上◯日までにはダーウィンに着いていたいけど、最長1週間くらいなら良いよ。テントとクッキング用品はあるけど、寝袋は自分の持ってきてね」

 

完璧☆(・∀・)☆

 

実はテント持ってなかったから、そいつのテントにお邪魔するか、買うか、車の中で寝るかと考えていたのよね~

私的にはもう少しゆっくり観光しながら行きたいところだけど、正直知らない人と二人で1週間以上もロードトリップはストレス溜まりそうだし。ちょうどよいかも。

 

というわけで、コーヒーファームでボランティアのためにブルームからマリーバ(ダーウィン経由)へのロードトリップスタートです!