まぁ、なるようになるって。

海外生活や旅行、趣味について気ままに綴るブログ

【森でキャンプ!!】タスマニア編②_オーストラリアでワーホリ!

 

こんにちは、chicaです!

 

メルボルンというおしゃれな大都会からタスマニアにやってきたところまでが前回のお話。

hola-chica.hatenablog.com

 

タスマニアに行こうと思い立ってたから、特に何もせずのんきに過ごしていました。仕事や家は着いてから探そうと思っていたので。

 

でも、いざ出発の一週間前くらいになり「そういえば、船が到着する場所から町までどうやっていくんだろ?」「安いバッパーどこだろ?」「デボンポートって仕事あるのかな?」と調べてみると、

 

おや!?バッパーあんまりない??

バッパー泊まって仕事紹介してもらうやつばっかり???

汚そうなバッパーばっかり??????

 

てな感じでしばらく絶望感に浸りました。

 

でもまだ1週間ある!と調べ続けた(実はあんまり調べてない笑)

 

出発の2日前 

ついた日の宿は決めておきたい主義の私ですが、未だ宿無し仕事情報なし。

そこで、数か月前にタスマニアに旅立った日本人のお友達Y子(ゴールドコーストで同じ学校通ってた子)にSOS!!

 

私「明後日タスマニアに行くんだけど仕事なし宿無しなの!Y子はどこで何してるの?そこ求人してない?」

 

Y子「今ベリーファームで働いてる!明日オーナーに聞いてあげるよー!」

 

仕事探しで一番大切なのは何と言ってもコネ!!

ワーホリでの横のつながりは本当に大事(T_T)

 

ちなみにY子のファームはどこなのかと聞くと、まさかのデボンポートの隣町!

 

出発の前日

SOSをだした友人Y子からの連絡

Y子「うちのファームで働いて良いってー!」

 

(´;ω;`)神

 

ちなみに周りにバッパー1件しかないからそこ電話してみてと番号を教えてくれた。

しかもその子が住んでるシェアハウスの子が港まで車で迎えに来てくれると。

 

Y子 ≫ 神様

 

出発当日→タスマニア到着

f:id:hola-chica:20171102064320j:plain

無事にフェリーでタスマニアに到着するとY子様とそのお友達だ車で出迎えてくれました。すると久しぶりの挨拶もほどほどに、

 

Y子「chica、明日から出勤やけん6時起きせな!笑」

 

着いた翌日から仕事をいただけるなんてありがたすぎるぜwww

と、順調に見えたのですがひとつ問題が!

 

バッパーが激汚い!ショッボイ!つまらない!そして周りのシェアハウスが120%満員!

 

せっかく田舎でのんびり生活を夢見てきたのにこのバッパーで日々を過ごすなんて無理だ!と周りに嘆いていたらどこからともなくこんな情報。。。

 

「ファームで働いてる人が無料で滞在できるキャンプサイトがあるらしい」

 

しかもファームまで歩いていける距離だから車必要なし!

早速Y子を連れてキャンプサイトへ行ってみると、キャンプサイトと呼ぶにはあまりにも森すぎるただの広場(゚∀゚)笑

f:id:hola-chica:20171102065654j:plain

 一応プレハブで作られたシャワーとトイレが3つずつ、飲水のタンクも完備、小さいプレハブの部屋がぽつんと建ってて電気がお昼くらいから夕方6時くらいまで通ってる。

この森に囲まれた広場に20~30人程の人たちがキャンプで生活してる。

 

キャンプ好きの私としては汚いバッパーより100倍いいやんけーーー!!と一人テンション上がり気味でココに引っ越す妄想をはじめました。

で、Y子に一緒にキャンプしよ!Y子もここに住もう!!と強引に誘いはじめるが。Y子は今のシェアハウスを結構気に入っており引越しを渋る。

キャンプサイトの住民達も仲間に加えてY子を勧誘!笑

そんな中2、3日後にキャンプサイトを出るからテントが要らなくなるという人に出会い、そのいらなくなるテントを無料で譲ってもらえることになった!

もうこれはここに住むしかない!Y子!絶対こっちのほうが楽しいよ!家賃無料だよ!?と、強引に言いくるめY子の「YES」をいただく\(^o^)/

 

そんなこんなで私たちのキャンプ生活が始まったのですが、現代社会からはかけ離れた生活が面白すぎて毎日幸せでしたので私たちの一日を紹介します。←誰も興味ないって?笑

 

6:00 起床

ヘッドライトを装着して洗顔、歯磨き、トイレ、着替え

6:45 家(テント)をでる

7:00 出勤

いちご、ブラックベリーラズベリーのグループに分けられ、それぞれのグループでピッキングからパッキングまでやる。

f:id:hola-chica:20171102073953j:plain

14:00 帰宅

仕事量はその日によってバラバラのため3時間で終わることもあれば8時間働くこともあった。帰り道は薪を拾いながら歩くのが日課。

15:00~19:00 家事+自由な時間

帰宅後はご飯つくったり洗濯したり、昼寝、手芸、おしゃべり、と青空の下でなんだかすんごくのんびりとした時間でした。

f:id:hola-chica:20171102074029j:plain

f:id:hola-chica:20171102074103j:plain

その後は明るいうちにシャワー浴びて、キャンプファイヤーの準備。日が暮れたら火を囲んでお酒飲みながらおしゃべりしたり、ギター練習してみたり。

f:id:hola-chica:20171102074125j:plain

22:00 翌日の朝食とランチを準備して就寝

 

もちろん洗濯機はないので手洗い、冷蔵庫なんてあるわけがないので大きなプラスチックのコンテナに食料をしまってテント横の森の中で涼しそうな場所に格納。(蓋をしっかり閉めないとワラビーに全部持っていかれる)

ガスコンロを持ってなかったので、火を焚いてごはん作り。

買い物は週1でヒッチハイクして最寄りの町に行きます。

シャワーはお湯が出ないことが多いので、寒い日はキャンプサイト内を激走して体を温めてからシャワーに突っ込みます。

 

やること無くて暇になりそうと思っていたけれど、便利な家電がなくてすべてのことに時間がかかるっていうのと、キャンプしながらキッチン作ったりランプ作ったりと家の周りを改造し続けてたので、案外毎日充実してました☆

 

中でもおもしろかったのが、バームクーヘン作り♪

f:id:hola-chica:20171102081949j:plain

森で良い感じの棒を拾ってきて、卵・小麦粉・砂糖・水のみで作った生地を付けては焼くを繰り返す。火が安定しなくて大忙しだったけど、「お前のバームクーヘン細!」「お前のデカ!!」ってきゃっきゃしながら作ったのでめちゃくちゃ楽しかった(*^^*)笑

 

出来上がりはこちら

f:id:hola-chica:20171102082246j:plain

 

なかなかの出来でしょ!?!?

味はすす臭くてイマイチだったけど、またやりたいなー♪