人生、楽しんだ者勝ち

海外生活や旅行、趣味について気ままに綴るブログ

結構使えるイディオム

 

こんにちは、chicaです!

 

今日は、私が最近覚えたイディオムを一部紹介!

てか、自分が忘れないように書いておきたいだけー笑

 

f:id:hola-chica:20170910091646j:plain

この写真はイディオムと全く関係ないですww

 

貼る写真がなかったので、タスマニアにいた時に見つけた面白い看板貼ってみた。

 

「毎日ビール無料!!今日以外!」

 

って書いてあります。私も自分でカフェとかだしたらやりたい看板。

 

 

さて、本題に戻ってイディオム!!

 

そもそもイディオム/Idiomとは???

二、三の語が結びついて、原義とは幾分違った特殊な意味を持つ、習慣的な言いまわし。慣用語。 by Google

 

例えば、

「猫の手も借りたい位忙しい」とか「お腹と背中がくっついちゃうほぼ腹ペコ」とか。。。

普通とはちょっと違った言い回しで表現するもの。

日本語でも数え切れなほどあって日常的に使ってると思いますが、もちろん英語にもあります!

 

有名なのだと、Time will tellとか?

 

最近私が実際にこのイディオムを使ったシチュエーションを例に、、、

 

カナダ人の友人Aくんが2ヶ月ほど前に新しい彼女をゲットしたのだけど、本気で好きなのかわからないと悩んでいた。もちろん彼女のことは好きだし尊敬してるけど、”恋に落ちている”っていう感覚はないと。

ただ、また付き合い始めたばかりだしお互いに探り探りな感じなのもあると。

 

で、私が使ったのが

 

Time will tell時が経てばわかるよ~。」

 

なんか、他人事感はんぱないな。笑

 

まぁ、そんな感じですっごく便利なイディオムたちですが、私が最近ネイティブさんたちとの会話で覚えたのはこちら!

 

 

①Have a good head on shoulders

 賢い、気が利く、常識があって信用できる人。

 

この表現は「勉強ができる頭の良い人」ではなく、「常識がある賢い人」に使います。

例えば、仕事のできる部下にたいして「君はほんとにできるやつだ。一緒に働けて幸せだよ。」なんて言いたい時は

 

"You've got a good head on your shoulders, I'm happy to work with you!"

 

たまにめちゃくちゃ勉強できるけど、全く使えない人いるじゃないですか。そういう人には使いえません。

ちなみにそういう使えない人には何ていうのか気になったので調べてみたら「incompetent」とでてきました。

 

②Whatever will be will be

なるようになる

 

これ、私のモットーみたいなもんなので結構昔から使ってたんですが、最近間違えて覚えていたことに気付いたんです。笑

ちなみに最近まで間違って使っていたのは「it will be will be」

「it」だと主語が何のことかわからないよと指摘されました。

 

③pull someone's leg

ふざける

 

ちょっとふざけて相手をびっくりさせたり怒らせたりして「ちょっとふざけただけだよ~」なんて言いたいときは

 

"I'm just pulling your leg!"

 

誰かが物陰に隠れて友人を驚かそうとしている現場を離れてみていて「見て見て!あいつ、隠れて彼女を驚かそうとしてんだよ。」 なんて言いたいときは

 

"Look! He is trying to pull her leg! haha"

 

 

④in the name of ◯◯.

◯◯に代わって、◯◯の名目で

 

これはイディオムではないかもだけど、使えそうなので。

なぜこの表現を最近使ったかというと、そうですセーラームーンです!笑

友達とふざけてセーラームーンのポーズを真似して写真取ってた時に(←なぜ笑笑)彼がこういったんです。

 

"In the name of the moon, I'll punish you!"

 

この表現を知らなかった私は「月と言う名をもって、おしおきよん!」的な感じかなと受け取ったんです。(大体おなじ意味だけど)

で、日本語でのセリフとちょっと違う気がすると日本語の「月に代わって、おっしおきよん!」を説明したら、そうだよ!おなじだよ!と。

in the name of ◯◯は、◯◯に代わってっていう意味だよと教えてもらいました☆

 

 

⑤first world problems

贅沢な悩み

 

first world=先進国、つまり先進国ならではのなやみ=贅沢な悩みということ。

友人たち(全員ベジタリアンではない)とご飯を食べていた際にその内の一人が「私は別にベジタリアンではないし、お肉も魚も好きだけど、牛肉はあんまり食べない。」といったんです。

なぜかと聞くと、牛たちは賢いから殺されて肉にされる時が来るのを察っすると泣くんだそう。だからあんまり牛肉は気が進まないと。

でも私の個人的な意見は、牛も豚も鳥も魚もみんな生命があってどこに違いがあるんだと。極端な話、犬も猫もクジラも。

更には食べ物がなくて貧しい国の人達に「牛は泣くから食べたくない」といえるのかと。基本的にベジタリアンは先進国にしか存在しないんです。贅沢な悩みだ。で、早速覚えたての”That's a first world problem." を使いました。笑

 

まぁ、この時のシチュエーションは仲間内だけの軽い雰囲気だったからこんな風に言いましたが、こういう話題は場をわきまえないと喧嘩になりそう。

ちなみにこのイディオムは、基本的にもっと馬鹿げた悩みに使います。

スマホ無くしたからめっちゃひま~。死にそう~。みたいな!?

 

 

以上、みんなも是非使ってみてね♪