人生、楽しんだ者勝ち

海外生活や旅行、趣味について気ままに綴るブログ

【バンフという町】バンフ編①_カナダでワーホリ!

こんにちは、chicaです!

 

今日は、私が滞在しているバンフ(Banff)についてつらつらと、、、

 

 

カナダに来る前から最初の目的地として決めていた町。

 

 

そう、バンフ(Banff)!!

 

バンフってどこ?って方にはこちら。

f:id:hola-chica:20170526121956j:plain

 ↑この辺です。Alberta州にある言わずと知れた観光地!

 

 

f:id:hola-chica:20170526122509j:plain

 

360度山に囲まれた小さな町なので天気が不安定ですが、見渡す限り山、山、山!

 

f:id:hola-chica:20170526122534j:plain

 

こんな感じ!

 

f:id:hola-chica:20170526122606j:plain

 

そしてこいつらが普通に街中を歩いてます。

 

f:id:hola-chica:20170526122654j:plain

 

素敵♡♡

 

 

あと何が素敵って、

 

 

水がうまい!!!

 

 

水道水がTastyです!いや、無味無臭だけどTASTYです!!!

みなさん、バンフにお越しの際はぜひ水道水をー!

 

 

あと雰囲気はね、なんとなく上高地に似てる気がする。

 

素敵でしょ!?

 

 

しかし弱点もあります。

 

この町は世界遺産バンフ国立公園の中にあるので、物価がめちゃくちゃ高い。

ラップとかアルミホイルが300円、洗顔フォームとか1000円位するんよ。涙

トイレットペーパーも12ロールで700円位だった。

食べ物も高いんだけど、日用品のほうが割高な気がする。

 

そして、家も高いんです。

掲示板とかを見ているとシェアルームでも$700-$800/月くらいしちゃう。

 

しかも、そもそも数が無い!

家自体が少ないんです!だから、仕事探すよりも家探すほうが難しいっていうね。笑

 

ただバンフは国の条例なのかなんなのか、職場がスタッフ用の家を用意してくれてるところが多くて、格安で住めたりします

 

 

町にいる人達はほとんど観光客か、もしくは私みたいな旅人。

なので、本当に色々な人種の人たちがいます。

噂ではバンフ人口の30%はオーストラリア人らしい、、、本当か嘘かはわからんが

 

世界中から人々が足を運ぶバンフという町だけど、

私はつい最近までバンフのことを知らなかった。笑

 

というか、カナダのことをあまり知らない。。。

 

そんな私がなぜバンフを選んだかというと、

 

友達に薦められたから!!

 

それだけ。笑

 

 

約3~4ヶ月前、カナダにワーホリに行こうと決意した際にカナダ人の友達に聞きました

 

田舎でカナダっぽくて仕事があるのはどこかと、、、

 

すると友達は

バンフ、プリンスエドワード島、あと2箇所(どこだったか忘れた)

をおすすめしてくれたのです!!

 

で、Googleで検索してみた結果

バンフの写真が一番キレイだったのでバンフに決めました。

 

実際に着てみての印象は、

 

”田舎でカナダっぽい~~~!”

 

 

理想そのまま! 薦めてくれた友達に感謝やね

 

 

でも、思ったよりちょっと都会だった かな、

 

都会っていうか、ちゃんとお店もあるし服とかも買えるし

 

オーストラリアの僻地にいた私としては「都会」です!バンフ!

 

 

そして、仕事もたくさんある!!!

 

 

 

これ、ワーホリメーカーからしたら大事よね~。

 

 実際に私はここで仕事探しを始めて3日目から働き始めることができたし、

現在は3つの仕事を掛け持ちしてます!

 

他にも採用されたけど断った仕事もいくつか。

 

別に私がすごいんじゃなくて、バンフがすごいんですよ!!

 

時期もよかったみたいで5月時点ではお仕事わんさか状態。

 

 

まぁ、仕事探しについては次回詳しく書くことにして、、、

 

 

そんな感じっす、バンフ! ←雑

 

 

そういえばもうすぐ6月だと言うのについ2日前は大雪でした。

 

 

そんな感じっす、バンフ!